ホットヨガのメリット・デメリット

Pocket


ホットヨガ
とは
室温約38度~39度、湿度約60%~65%で保たれた室内で行うヨガを意味します。

ホットヨガのメリット

●リラックス効果

ヨガの呼吸法で心身共にリラックス効果が期待できます。
ホットヨガはベタついた汗ではなく、気持ち良いサラサラな汗を体感出来ます。

●冷え性改善・肩こり改善

高い室温・湿度でヨガを行う為血流が良くなり肩こりや冷え性が改善されやすくなります。

●デトックス効果

ホットヨガは発汗作用により大量の汗を流し代謝が促されるので老廃物を排出、デトックス効果も期待出来ます。
痩せやすい体を作ることが出来ます。

●美肌効果

ホットヨガは大量の汗を流す事によって毛穴を開き、洗顔やクレンジングで落としきれない毛穴の奥の汚れも排出されるので、美肌効果に良いとされています。

●女性らしい美しい筋肉

ヨガはマシーンの様な外側の筋肉を鍛えるものではありません。内側の見えない筋肉(インナーマッスル)が鍛えられるので引き締まって見えます。

●安眠効果

ホットヨガは大量の汗を流し深い呼吸を意識する事によって、最後に行うシャバーサナ(屍のポーズ)の時には眠りに入ってしまう方もいるほど
ストレス解消・深い眠りへ。

スポンサーリンク
 



ホットヨガのデメリット

●食事のとり方

ホットヨガに通いはじめてから太った!という方も少なくありません。
消費カロリーは少ないので、ヨガ=運動 をしたから!といっての食べ過ぎには注意しましょう。
終わった後は極度にお腹が空く方もいるかと思います。
ホットヨガ後、2時間は吸収率が大変よくその時間に食事をしたらそのまま栄養として吸収するそうです。
摂取するのなら筋肉を作るタンパク質の食材がお勧め♪運動直後は成長ホルモンの分泌が特に活発になっています。ホットヨガ メリット デメリット 食事 プロテイン ヨガ
栄養補給の為に速攻効くのがプロテインです。

女性に人気!おすすめプロテイン


怪我に注意

ホットヨガは高い室温・湿度で行う為、血流が良くなり常温よりも身体の伸びが良くなるというメリットがあります。
そのメリットが逆にデメリットになる場合もございます。

特に初心者は周りと比べてしまう傾向がありますのでご自身の範囲以上に身体を伸ばし、筋違いや腰痛・怪我を起こしてしまいます。
人と比べない。自分のペースで行って下さい。

●熱中症

室内でも熱中症になる場合がございます。水分補給は十分にして下さい。ホットヨガ メリット デメリット 熱中症 水分補給 ヨガ

レッスン中、先生の声が遠くなってきたり、めまいや水分補給しても水分を欲する状態は既に脱水症状になりかけてますので勇気をもって室外へ。
涼しい場所でしばらく安静にして下さい。その際も水分補給を忘れずに。

 

 

スポンサーリンク



 新潟市でホットヨガを体験・見学・お探しなら TOPへ